上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
17日にヴォイトレに行きました
習った事をおさらいしながら書いてます

吐いた息が声帯にあたる=声
口で息を吸う→声を出す準備が早い

1.息の吸い方
 ストローでジュースを飲むように吸う(おなかに溜め込むように)
 ビーチボールを膨らまして空気を抜く感じ
 吸ったらすぐ吐きだす(吸ってから息を止めない)
 体は、リラックスした状態
 息を吐き出すときは、腹筋を使う

2.口の形を変えるだけで声をだす(しゃべらない)
 「ア」・・・丸く口をあける
 「オ」・・・縦にあける
 「ウ」・・・口を前に突き出す
 言葉は、口の形で作る
 日本語=遮断語、声帯を閉めてしゃべる

3.歌い言葉
 歌うときの口の形は、縦に開ける
 「イ、エ」・・・舌先を下の歯の裏にタッチする
 口の形だけで母音が言える
 これらの母音に子音が付いてくる

4.実際にやってみよう!
 ≪ア、オ≫
 息を吸って、縦(指2本)に口をあける
 しゃべるのではなく、とりあえず声を出してみる
 次に「オ」・・・舌を下に下ろした状態、鼻の下を膨らます、カモノハシのように
 「ア」・・・「オ」をイメージ、舌の真ん中がへこむ、舌先を下の歯に擦れさす
 ≪ア、オ、ウ≫
 口の形を変えるだけ
 どんどん前に来るイメージ

 上の歯をすぐ後ろを上げる(浮かせる)感じ=共鳴させる、何もしなくても前に声が出る
 「ウ」・・・「オ」のまま唇が前にでるだけ
 顎を動かさない
 鼻との関係=鼻を通っておでこに抜ける感じ


つづきは、また今度8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-11:Green(色付-暗い背景用)
2009.01.19 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。